shiwaアイコン原本5 ヒット時の挙動について


前回は打撃の種類について説明しました。

 

まあ、あんな箇条書きでわかるわけもないので、もっとわかりやすい文章を書けるようになりたいものよね。
とりあえず動画にしてわかりやすくまとめておきます(いつか)

 

さて、前回の打撃の種類の話の次は、打撃が当たったときの挙動について話していこうかと。

 
鉄拳ではNHとCHの有利フレームが同じだったり、ヒット時の挙動が同じだったりしたと思われます。
バーチャではNH時、CH時、しゃがみヒット時など、当たり方によってすべての挙動やフレームが細かく変わります。めんどい。

 
そのため、技がどのように当たったのかを見てすぐに最善の追撃を選べるかが大事です。
とはいえ、筆者は別にそういうの見ないで全部同じ行動してもまあまあ勝てるので、あくまで見れるといいよ!的な感じで大丈夫です。

 
では紹介していきます。

 
・ノーマルヒット NH

 

ガードしていない相手に対しての当たり方だが、基本的にガードを押さない人はいないのであまり考えない。
主に、立ちガードしている相手に対して下段攻撃をヒットさせたり、しゃがみヒット時に特殊な挙動にならない中段打撃をしゃがみの相手に当てた時に起きる。

 

基本的に技がノーマルヒットした際は五分の状態~やや有利な状態が多い。

 
当てて有利な技を当てた時はそのまま継続して攻め込みたいが、ややわかりにくい。
ノーマルヒットしたかな?と思ったら発生の速い2Pなどを打てば、有利なら割り込めない連携として、五分の状況でも発生が速いので相手の攻撃を止めやすい。

 
・カウンターヒット CH

 

主に相手の技より速くこちらの攻撃を当てた際に起きる挙動。
こちらは相手キャラが黄色く光るので視認しやすい。

 

技がCHしたあとは、基本的にこちらが大幅有利な状況となる。また、このときは技の威力が1.5倍に。
また、カウンターヒット時のみコンボに発展する技もあるので、覚えておこう。

 

バーチャでは主に相手の暴れを潰すために行動するので、このカウンターヒットをうまく見れるかが勝利に直結します。
なんども言いますが、筆者はNHだろうがCHだろうが同じ行動をします。それでもなんとなく行けるときもあります。

 

とはいえこの黄色い当たり方は見れて損はないので、だんだん慣れていきましょう。
というか、自分の中で割れない連携を作っていけばおkです。自分の割れない連携中に相手がなんか動けば勝手に黄色く光ります。
ちなみにカウンターには「大カウンター」というのがあり、相手がダメージの高い攻撃(ダメージ25以上)で暴れた時に、こちらの攻撃が先に当たるとダメージが1.75倍となる。

 

まあ、不利な時に無理やりダメージを取ろうとするような人をお仕置きするため用のシステムです。
有利フレームとかは特に変わらないので、攻めた側がちょっとお得になるくらいのイメージで。

 

 

・側面カウンター
相手が側面を向いているときに技を先に当てると側面カウンターとなる。
相手が青く光るため、かなり見やすい。

 

側面カウンター時は、その後の追撃がガード不能になったりと、超が付くほど有利となる。
また、特定の技がコンボ始動となるので覚えておこう。

 

じゃあそんな危険なら暴れないだろ!と思う方もいるでしょう。意外となります。

 

 

・硬化カウンター

 

相手の行動不能時間中に攻撃を当てると、初段の攻撃のダメージが1.25倍になる硬化カウンターという状態に。
相手のコンボ始動技をガードや、スカした際に確定反撃を返したときによくみられる。こちらは黄色く光らないのでややわかりにくい。

 

鉄拳とかでは「Punish」とかで表記されるのかな?

 

また、硬化カウンターの場合につながる連携やコンボ始動となる技もある。
ちなみに、相手の投げスカなども硬化カウンターとなるので覚えておこう。

 
・避けカウンター

 

このゲームでは相手の避け(横移動)中に技を当てるとカウンターヒット扱いとなる。ダメージはカウンターと同じく1.5倍。

 

主にカウンターで当たるとコンボとなる回転技(ホーミング技)を相手の避けや暴れに合わせて使うことで相手を避けさせなくしてしまおう。
発生が速い回転技ほど相手の避けに合わせやすく使いやすい。

 
・バックステップカウンター

 

このゲームではバックステップ中に打撃を受けるとカウンターヒット扱いとなる。
また、バックステップ中はガードができないため、バックステップの多用は厳禁。

 

このバックステップカウンターの中で特に危険なものは、バックステップ(orしゃがみバックステップ)中にミドルキック属性の技を受けた際に起こる「尻もちよろけ」だ。
尻もちやられになると、超が付くほどの不利となり、その後に追撃としてコンボを受けてしまいやすい。

 

ミドルキックを使ってくる相手にバックステップは危険な行動と覚えておこう。

 
・よろけ
特定の技を当てると、相手側の画面に「レバーのアイコン」が出現する。
アイコンが出た側は、出ている間は「行動不能状態」となる大幅不利となっている。

 

アイコンが出た側は、3種類のボタンと8方向のレバー操作を入力することで回復できる。
回復しないとそのあとの追撃が確定する。
一八の6LKがカウンターヒットしたときの状態に近い。

 

回復しても相手の方が先に行動できるため、攻め側はどんどん攻めていこう。

 

主にヒット時の挙動はこんな感じです(ほかにあった気もするけど)

コンボに行ける挙動は別記事で紹介していこうかと。

 

 

コメントを残す