shiwaアイコン原本6 起き上がりと受け身


 

 

今回は意外と大事な起き上がりなどについて話していこうかなと。
起き上がりや受け身のうまさも防御スキルとして含まれるので覚えておいて損はないかと。

 

バーチャでは、コンボを受けたあとや、投げを食らったあとは「ダウン状態」となる。
この状態のときは無敵状態で、ダウン攻撃(鉄拳の相手ダウン中2WK的な技)のみしか当たらない。
じゃあ寝っぱ最強?と思われるが、バーチャは一定時間が経過すると起き上がってしまう。
相手はその起き上がりを狙って攻めてくるので、3種類ある起き上がりを駆使して相手の攻めのタイミングをずらそう。

 
・その場起き上がり

 

文字通りその場で起き上がる。
起き上がる速度が最も速いため、相手は予測していないことが多い…が、結局相手の方が先に動けるのであまり使うことはない。

 

 

・横転起き上がり

 

左か右に横転しながら起き上がる。
壁やリング際から離れるように位置調整ができるため結構使うことになるかも。

 

また、相手のダウン攻撃をかわしやすいのでなるべくこれを。

 
・後転起き上がり

 
後ろに下がりながら起き上がる。
ここから出る起き上がり蹴りは見えにくいため、相手は攻めるタイミングがつかみにくい。
敵の追撃を受けたくないのならこちらを使ってもよい。
しかし、弱点として「自分からリングを背負いにいく」という点がある。
その敵の追撃を受けなくなったとしても、結局壁に追い詰められてしまうなんてこともあるので、使いすぎは注意。

 

また、起き上がり攻撃が見えにくいといっても、結局1/2でガードされてしまい、ガードされるとコンボが入ってしまうほどのスキがある。

 

 

~起き上がり蹴り~

 
起き上がり中にKボタンを押すことで「中段起き上がり蹴り」、レバーを下にいれつつKを押すと「下段起き上がり蹴り」が出る。

 

どれも基本的にガードされても確定反撃がなく、ホーミング性能があるものが多い。
ちなみに、ダウンしている側のダウンの仕方によって起き上がり蹴りが変化するが、基本的に見てからガードがしやすい、
シュン、カゲはリーチが短いがダウンする中段起き上がり蹴り、アキラ、ウルフ、ジェフリーはヒットするとコンボにいく下段起き上がりを持つ。

 

最初のうちはとりあえず相手の起き攻めを止める役割としてとりあえず使ってもいいだろう。
しかし、ガードではなくバックステップなどでかわされないように注意。

 

え、見てからガードできるのに使う意味があるのかって?
起き蹴りを打つ理由のひとつに「ガードされた場合、すべて同じ状況になる」という点がある。
鉄拳勢の生ローを当てる理由にちかいかも。

 
不利でも、自分の動きを用意しやすいのが利点として考えておこう・

 

 

~受け身~

 
起き上がりについてなんとなく理解できたかしら。
次は、すぐに起き上がる「受け身」について紹介していきます。

 

ダウンする寸前にP+K+Gを同時押しすることで、すぐに起き上がる「受け身」を行う。
受け身は2種類あり、これらを使い相手の起き攻めをかわしていこう。

 

 

・その場受け身
その場で素早く起き上がる。
寝っぱを読んだ相手の追撃をよけることができるが、起き攻めを受けてしまいやすい。

 

また、ダウン前の攻撃の当たり方によっては後ろを向いて起き上がることがあるため、まあまあ危険。

基本的にはあまり使わなくていいかも。

 

 

・横転受け身

 

左右どちらかに横転しながら受け身をする。
こちらも壁やリング際から離れながら動けるので、位置の調整がしやすい。

 

弱点としては、横転受け身をしたあと限定の起き攻めがあるので注意。

 

 

受け身や起き上がりの考え方としては、

 

ガンガン受け身攻めをしてくるような相手には受け身を控えめにする感じで。サラやパイは受け身攻めが強力なので覚えておこう。

起き上がりは、考える時間を取れるので体力リードしている時に使う感じで。しかし、ウルフやジャンのようなダウン攻撃が痛いキャラには注意。

くらいの考えでおkです。

 

個人的な考えとしては、相手の受け身攻めを守れる自信がないなら受け身すんなくらいの考えでも大丈夫です。

 

コメントを残す