shiwaアイコン対人戦5 投げの対処


 

最近音ゲー始めたんだけど、目で見えても手が追い付かないってあるよね。

え、俺だけ?そう…歯茎燃えろ

 

 

前回は自分のターンで中段打撃か投げを打つという「二択」について解説しました。

ここを守れるだけでも攻めがかなり変わってくるので、自分でも意識してみましょう。

 

さて、今までは「攻め」についての話がメインでしたが、今回からは「守り」の話もしていきますね。

まあ、このゲームは守りよりも攻めがうまいやつのほうが強いんですが。

というより、「守り」は「攻め」に転じやすくするためのスパイスとでも思っていただければ。

 

 

では、話を進めていきましょう。

今回教えるのは「投げへの対処方」です。

 

 

え?三すくみ的に「投げ」は「打撃」で潰せばいいんじゃないの?って頭のいい人はお思いでしょう。

もちろん大正解なんですが、このゲームはあくまで「対人戦」のゲームなので、そんな毎回相手の投げのタイミングなんてわかるわけないかと思われます。

 

奈落きついの?じゃあ相手の奈落のタイミングでノヴァ打てばよくね?みたいな感じですね。

打てるかハゲ

 

なので、「投げ」には「打撃」というセオリーとは別に投げを対処する方法を教えます。
それは通称「ゆとり抜け」というテクニックです。

 

ゆとり…いい響きですね。

筆者は基本的に何もかも楽をして生きたいと思っているので、不労所得などの単語は大好物です

 

話が逸れましたね。慣れてください。基本的に逸れます。

 

 

やり方を教えましょう。

 

1.まずGボタンを押しっぱなしにする。

2.次にPボタンを押しっぱなしにする。このときGボタンを離さないように注意。

3.以上です。

 

マジかよと思う人もいるでしょう。マジです。

 

相手のP+G投げを抜けたい場合はG+Pを押しておけば勝手に抜けてくれます。

相手の6P+Gを抜けたい場合は、自分もG+Pを押しながら6を入力しておくことで抜けてくれます。

相手の4P+Gを抜けたい場合は、自分もG+Pを押しながら4を入力しておくことで抜けてくれます。

ウルフのジャイスイ(41236P+G)など投げは、最後が6なので6G+Pで抜けれます。

影の弧円落(46P+K)などの投げは、こちらも最後が6なので6G+Pで抜けれます。

 

(※複合コマンド系の投げは、そのコマンドの最後のレバー方向を合わせれば抜けれる。)

 

 

とりあえず仕込んでおけば1/3で投げを抜けてくれる「ゆとり抜け」。いかがでしょうか?

 

ここで「いつ仕込んでればいいの?」という疑問が出てきたかもしれません。

 

答えは「試合中常にしこんどけ」です。

 

 

いつも言ってますが、このゲームは強力な下段攻撃なないため立ちガードしておけば間違いが起きにくいです。

 

そして、その立ちガード中にこの「ゆとり抜け」を仕込んでおけば、打撃はガード、投げは抜けれるという最強の布陣が出来上がるのです。

どうあがこうが投げは1個しか抜けられない以上、このガードしながら「ゆとり抜け」をしておけば、上級者と同じ防御力を得ることができるのです。。

 

 

なので、この「ゆとり抜け」を仕込まずにガードをすることはむしろ厳禁と思っておいてください。

 

 

いつもの復唱タイムです。

 

G+Pを押しっぱなしにするゆとり抜けは試合中いつでも仕込んでおけ

 

本日のメイン解説は以上です。これで投げはもう大丈夫ですね。

 

 

なお、毎回ここで投げに来るな~という確証があるのならば、そこで打撃を打つのはもちろん大正解です。

あくまで、三すくみの1個である「打撃」は「投げ」に勝つという大前提は忘れないでおいてください。

 

 

 

相手が投げてくるのか、打撃を打ってくるのかがわからない場合はこの「ゆとり抜け」で甘えたほうがいいよ~っていう今回の話でした。

 

 

これに甘えたせいで鉄拳に入ったVF勢は投げ方向が見えなくて何人もキングにぐるぐる回されるシーンをよく見ましたね。
え、おれ?今も回されてるよ?許さないよ?

コメントを残す