shiwaアイコン対人戦12 バックダッシュの狙いどこ


鉄拳のVRモードしょぼくないですかね?さすがに。

1時間ほど遊んだあと「ポプテピピック」の自爆するしかねえって画像が頭に浮かびました。

 

いや別にいろいろ眺められるけどうふふふふふふふ…
悔しさのあまりエロバレー買いました。 吉川さん見てるか?

 

 

前回は「起き上がりを攻める」ことについて紹介しました。

かなりふわっとした内容だったので印象にないかと思いますが、

 

とりあえず「相手がダウンしたら攻めろ」ってことだけ覚えておいてください。

 

 

さて、今回は「攻め」のひとつ「バックダッシュ」についての紹介をしようかなと。
ちなみに今回は結構オカルトチックな話なので、信用しすぎないようにしてください。

ただの独り身の寂しい発言くらいに思っていただければ。

 

●バックダッシュの狙いどこ

 

レバーを44と入力するとでる「バックダッシュ」

後方に大きく下がるため、相手の短い打撃をかわすことができる動作。

 

そこで相手の攻撃をスカした際は「スカ確」を狙うことも可能だ。
しかし、バックダッシュには「バックステップ中に打撃を食らうとカウンターヒットとなる」という弱点がある。

また、「ミドルキックを食らうと超危険な尻もちやられになってしまう」ということもあり、多用は厳禁という話もしました。

 

 

 

じゃあ狙いどころとかなくね?と思う人もいるでしょう。

わかる

では、自分で狙いどころを作ればいいのではないだろうか。

 

 

いまから紹介するのは、個人的にバックダッシュを狙いやすいポイントです。

 

絶対成功する…というものではないが、今までの経験則より「バクステでダメージを取りやすかった記憶のある」ポイントなので、試してみてほしいかな。

 

 

★速い展開で相手に小技を強要させる

 

 

手順

1 こちらの有利のときに適当に下パンを打つ(先端で当てれると好ましい)

2 まず何も見なくていいからバックダッシュする

3 相手は死ぬ

 

 

まずは王道ながら狙いやすいところはここ。

 

基本的に下パンをガードした後というのは「8割くらいの確率で相手が肘を打ってくる」気がするので、バックダッシュでかわしやすい。

 

 

というより、展開が速すぎるので相手も「何か速いからとりあえず無難な肘を打っておくか」という意識になりやすい気がします。

この当てる気のない下パンは上級者でも引っかかることがあるので非常に強力

 

古来より、リオン使いとかがやってくる印象がありますね。

なお、ばれてきたら相手は下パンガード後にミドルを打ってくるが、今度はそれを避けるとP以上が確定する。

 

よって、下パンガード後はバクステと避けと屈伸をうまく混ぜるだけで相手にプレッシャーが与えられるのです。

 

 

 

★壁際でのデス二択

 

手順

1 相手を壁際に追い詰めたときにガードされてスキのない技を振る

2 適当にバックダッシュする

3 相手は死ぬ

 

 

 

 

壁際ですが、やることはほとんど同じです。

 

相手が短い技を振って来たならすかして壁コンボを叩きこんでやりましょう。

 

 

そして、先ほどと違うのは「ここで相手がミドルを打ってきたとき」です。

ここで「相手を壁に追い詰める方向に」ミドルを避けてから、確定のPを打って壁に当てると壁コンボのチャンスとなります。

 

 

なので、相手は小技を振るとバクステで死に、ミドルを打つと避けられて死にます。

全回転とかの回転系は屈伸とかしてください。

 

おれの経験で、初見で回転を打ってきたやつはほとんどいません。

まだ細かく見ればバクステポイントはありますが、主なポイントはこのふたつです。

 

とてもリスクのある行動なので多用は厳禁ですが、リターンの大きい行動なので相手の小技のタイミングをよく見て狙うのはいかがでしょうか?

 

 

ではいつものまとめに入ります。

 

・バックステップは自分から速い展開に持ち込み相手の小技を引き出せ

・相手の下パンをガードしたらミドルを打てるように

・壁際でのバクステは壁コンボチャンス

・壁でミドルを振ってくるやつは避けておしおきしろ

 

 

以上です。明日にはエロバレーくるので下半身に力を溜めておきます。

レイファン好きなんだけど、パイとかにもあるデフォの三つ編みみたいなの好きじゃないんだよなあ…

 

そもそもエロバレーにレイファンいたっけ…

コメントを残す